スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
朝ごはん
旅館の朝食001.jpg旅館の朝食。貝アレルギーなため、ほとんど食べられず、もずくすのお味噌汁と固めに炊いたご飯とヨーグルトだけ美味しくいただく。

アレルギーがあるかどうかはサービス業は抜かりなく確認せなあかんと思う。
旅人 comments(6) trackbacks(82)
松阪牛ハンバーグ
松阪牛のハンバーグ001.jpgチーズより先に溶けるお肉。ほろほろと崩れていく。

二見の旅館近くにあった唯一のお店が大当たりで大満足。
旅人 comments(0) trackbacks(0)
お昼ごはん
伊勢エビ雑炊001.jpg伊勢エビを一匹まるごと使った雑炊。
旅人 comments(0) trackbacks(0)
伊勢旅行**1012
出発001.jpgこれからお伊勢さんへ一泊旅行!
秋の朝は肌寒いなぁ。
旅人 comments(0) trackbacks(0)
炎天下USJ
USJ001.jpg5時半起きでUSJへ。久しぶりの遊園地で遊び方を忘れてる間にブックレットという待ち時間なしの+αチケット(ズルチケット)もあり、なんなくそれも購入。会社から800円割引券をもらい、それが使いたいがために前売りを買わないでいたけど、朝から1.5hも並ぶのなら800円割引なんて不要だった。

早起きしすぎて何も食べてない身でパスをやっと買った疲労感でいきなりあの新感覚ジェットコースターへ。す〜いすいで1分後には出発したのだけど、あんだけ入場するのに並んだものだから、素直に2時間待ちとかしてる奴らをみると勝った気になって嬉しかった。
命綱が間のあいた腰周りだけの恐怖と心の準備の出来てない不安でいっぱいのままスタート。変なアップテンポなBGMが鳴ってたけど全く意味はない。叫ぶ余裕も目を開ける余裕もなく、殺されそうになる。
『絶叫系好きな人同士じゃないと遊園地行く意味ないよなぁ』なんて言ってたけど、乗り終わったあとかなりの顔面蒼白だったらしく笑いをとる。でも、恥とか関係なくものすごく怖かった。もうあれは乗らない。
その後、オズのレストランでご飯食べて(サフランライスが激ウマ)ジェラシックパークで再度コースターのトラウマと戦いつつ二列めで少しだけ濡れる。ジーンズの色落ちを想定して足首上までロールアップしたのが正解。
濡れて少し涼しくなり、疲れたのでジェラートを座って食べて休憩後スパイダーマンに移動中、セサミのショーに出くわしつつ、またもやギャーギャー騒ぎ、真顔でいつまでも3Dグラスをかけてたのでまた笑いをとる。トラウマと戦ってたのよ。
そして二度ともう乗らないだろうジョーズに乗り、ETで和んで名前を聞き取り間違いされ全く違う名前を呼ばれたことに小さくイラッとして外に出ると、パンプキンショーが始まる直前で、まんまと二列めに混じって堪能。

電車から待ち時間から終始ペラッペラ喋って笑いまくり、そんな友とは会社の移動でたまにしか会えないけど、出会わせてくれたことにはほんまに感謝。
小さなコミュニケーションでの、お互いに気にすることや大丈夫なことがぴったんこでいつもながらびっくりする。
今回の発見は、『ちょっとちょうだい』と、『あんたのバッグでかいからこれもついでに入れといて』は最低ってことが暗黙の了解で理解しあってたこと。

次は、広島に、二人の好物のお好み焼きを食べに行く予定。
遊び comments(0) trackbacks(0)
ラメンテ初日**
憧れの…001.jpgラメンテの美顔器をとうとう買った!半年以上悩み、思いきって購入!値引きで22000YENでした。

小包を小躍りしながら開封し、さっそく超音波マッサージ+イオン導出+イオン導入をしました。
タイマーが自動的に設定され、15秒ごとにピーピーと鳴ってくれます。
(部位を移動させてください、の合図)
導出は精製水で、導入は付属の美容ジェルで。

終了後は、なにが変わったのだという感じなんだけど、翌朝顔を触ってびっくり!もっちり&しっとりしてる〜★
一番の驚きは、きわの部分。こめかみや輪郭なんかがすごいサラサラ〜!普段気にしていなかったのだけど、こんなになるんですね。
過程としては、
お風呂でクレンジング→洗顔→ラメンテ→化粧水→美容液って順番だったのだけど、洗顔後に化粧水しないのがつっぱるし不安だったけど全然つっぱらなかった!
これは女子目線でしか分からないだろうけど、ものすごいことなのだ。

超音波マッサージは毎日できないみたいなので隔日に。
導出&導入は毎日がんばる。
携帯のような充電式なので、コードレスで、なんといってもテレビを見ながらできる!そして勝手にアラームも鳴ってくれるし超便利。
1項目10分ずつなんだけど、説明書と戦いながらだったため、全項目終了したときには初めてから1時間が経過してた。

女子は大変だわ。
継続は力なり。
お肌のために comments(0) trackbacks(12)
家族は永遠なり
青春時代001.jpg写真は、若かりし頃のおばあちゃん。似てるかな?
86歳で天国へと旅立ちましたが、一周忌を終えても不思議なもので、まだまだ近くに居る気がします。

先週のお盆には、『お経さんはごちそうなんや』が口癖の親戚筆頭に、たくさんお経さんをあげました。その時、おばあちゃんの額縁だけがガタガタと揺れていて、なぜか全然怖くなかった。
身近な人との別れを最近になって体験したので、お墓参りに行く意義や行こうとする気持ちがすぐそこにあって、死後の世界はわたしには分からないけどこればっかりは『しんじるきもち』だけで繋がってるとても危ういものだけど、わたしは信じている。
おばあちゃんが亡くなってから次々に起こる不思議なことを、受け入れている。

いくら一生懸命介抱しても、亡くなったときに絶対に『もっとこうしてあげてたら』と後悔するものだと教えられ、頷くしかできないのだけど、そのためには向かい合う相手には優しく、内の自分には正直に生きたい。
こころの中のいろいろ comments(0) trackbacks(3)
新しい気
080802.jpg新しいパワーが欲しくて、髪をばっさり切ってきました。

15センチ!!

東京に上京したときにはわずかに後ろで結べる程度から、ず〜っとお手入れしながらロングを保ってきましたが、ちょっと気がたまりすぎでねぇか?と思いたち、バスッと切ってきた!(8年越し)
長い髪って、ちょっと清潔感ないんでないか?と心配になったので、健康的に。


サロンで、店長さんに『お肌に良いことは髪にも良い』という格言をいただきました。
お肌と同じように、髪もいたわってあげましょう。

***

そして、気分も軽くなったのでそのまま買い物へ。
ふら〜っとポールスミスに入ると、前に欲しかったときには売り切れだった水玉のお財布がショーケースに!!

『他店から一つ譲ってもらったもので、もうほんとにこれが最後』
そんな言葉を聞いて、連れて帰ってきた。
基本的にお財布はあまり自分では買わないのだけど、おとといまで2年ほど使い混んでたものに、なにかが色落ちして汚れてしまい、その時に出会えたことに感謝。
そのことで浮き足立ってたのとついでがあり、通りかかったランコムで久しぶりに、オレンジグロスを購入。
そしたら、月末に発売の、漆黒マスカラとリキッドファンデと化粧水のサンプルが貰えた!
カウンターでブランドコスメ買うとこんな特典があるのか?!?
極めつけには、
『お会計の間、発売したばかりの香水でお時間を過ごしてみてください』とな。

こう、『お客さま』扱いをされるのは気分がよろしいですな。
ファッション パッション comments(0) trackbacks(8)
京都の旅721
爆睡後、腫れぼったい目のまんま、おばんさいを食べにホテルのB1へ向かう。
早朝なのにいきなり行列!早速か!
私は大抵、朝ごはん(和食)はお母さんのものしか美味しいって思えないで育ったけど、京都のあさごはん、優しい味でした。湯豆腐もくらげもごはんの固さまで私好みで、愛を感じた。

その後、外気の温度の高さにビビりつつ、またまた観光スタート!!
よーじやカフェに行きたいので、銀閣寺コースに決定。

京都はバスがグッタイミンで来るから運命を感じる。

ふらふら歩きながら坂道目指してると、太陽みたいなお兄さんに話しかけられる。
その次の瞬間には、もう人力車に乗り込んでた!ベタながらに長年の夢!浮かれすぎててあまりよく覚えていないんだけど、あまりに自然なお兄さんの勧誘には脱帽。

法然にまつわる話、哲学の道の話、つばきのこと、ご近所さんたちの暖かいご挨拶、みんなで街を守ってゆく愛情に包まれながら、人里離れた小道を走ってくれた。
ほんとの姫になった気分で、ほくほくした。
大三さん、ありがとう!!!

銀閣寺〜哲学の道を歩き、目的のよーじやカフェへ。中は、自由が丘の古桑庵みたいな、『お邪魔しまぁす』風な古風なおうちカフェ。真正面の障子のふすまから見える庭園が素晴らしかった。

そこでいただいた氷が、乾いたのどに染みて絶品!

それからまた、てくてく歩き、南禅寺についた頃にはまた汗だく。脇の溝から勢いよく流れる水だったり、この炎天下の中に憂いよく潤った緑だったり、顔は汗まみれで息も上がってるんだけど、この道が何世紀も前から続いていたんだなぁと、じーんとした。自分の目で見れて触れられて嬉しかった。


数時間後に地元に降りたったとき、とっても重いはずの足と体は意外にも軽く、それが京都の猛烈な暑さの証明になった。

また行きたいぞ。
- comments(0) trackbacks(2)
京都の旅7/20
京都タワー001.jpg同じ関西圏ながら電車で2時間、とゆう中途半端な距離ゆえに近づけなかった京都へ、東京の友達と現地集合とゆう形で再会&旅をしてきた。

京都。迷路だ!
とにかく方向音痴な私たちは、京都駅だけで1時間も費やす。探してたお店は結局みつからず、いいタイミングで来たバスにぽんと乗っかって、清水寺へ向かい、下車したところのすぐそばにあったお店で、京都らしい『にしんそば』をいただく。
(にしんって人名だと思っていた)

後から知ったことだけど、この日の京都の温度は37.5度。太陽がじりじりと私たちの肌を焦がしてゆく。全身、汗まみれ。周りを見渡すと、同じ観光目当てのファミリーや外国人さんの顔も歪んでいる。
みんな、暑さでやられそうだ。

しかし、境内の絶景に圧巻!写真を頼んだお兄さんのハイテンションも手伝ってか、すごい笑顔で一枚パチリ!

抹茶パフェ001.jpgもう、くたくたになった私たちは、祇園方面へ。甘味処を攻めるのだ。世界の都路里さんは、長蛇の列。あっけなく断念し、生八つ橋の抹茶パフェをごちそうになる。
ほろ苦くて下へいけばいくほど具だくさんで、めちゃくちゃ美味しかった。

そして、鴨川を眺めつつ、今日のメインでもあるカフェバーを探索。『烏丸』に取りつかれながらも二人の勘が冴え初め、意外にすんなりと到着。
(想像以上におしゃれ隠れ居酒屋だったので、ごきげんになる)

昼間の蒸発した汗の量が半端なかったので、ぐいぐい水分を吸収させる。

おつかれさま〜001.jpgほろ酔い気分で相方の予約してくれた超!リッチなホテルへ着いても私たちのテンションは振り切ったまんま。
写真撮影会開始後、ふらふらになりながらシャワーを浴び、死んだように眠った私たちはちょっとかっこよかったように思った。

〜1日め終了〜
旅人 comments(0) trackbacks(3)